読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四輪駆動のエンプレス

ミニ四駆を題材にしたラノベを書いていきます。

第4話:初めての改造、そしてレース

「いいか、やり方は教える。だから自分で作るんだ。そのほうが絶対楽しいぜ。」

「うん、あたしもやってみたい。こう見えて手先は器用なほうだと思うよ。」

「じゃまずはバンパーカットからだ。」

 

火野たちからやり方を教わり、組み立てとバンパーレス加工を施す。

ニッパーとデザインナイフを使ってバンパーを切り落とす。

断面をヤスリで整える。

元の形と変わっていくが、だんだん自分のマシンになってきている。

そんな気がする。

兄のマシン、だけどこれからはあたしのマシンでもあるのだ。

 

「言うだけあって上手いじゃねぇか、あとはローラーをつけてそう。最後にモーターを付けてギアをはめてグリスを忘れるなよ、滑りをよくしてやると速くなるんだ。」

「はいこのペンのグリス、すごく使いやすいでカバーを付けて、ボディをこの丸いの?でつければ

 

f:id:poke4wd:20170103021747j:plain

 

「完成!!やったー!できたー

「あぁぁ女子がいるっていいなぁ

「泣くなよ木暮ぐすっ

「よっし、じゃ俺と勝負してみるか?」

「え?まだ出来たばかりなのにレースなんて早いよ。」

「んなことねぇよ、そのマシンのスペック考えればぜんぜんレースになるはずだぜ。」

「うーんわかった!やってみる!」

 

作業スペースの横にあるコース。

JCJC2つとスロープ、バンクを使った小規模コースで、テクニカルだけどスピードも出しやすい、練習にはモッテコイな設定になっている。

f:id:poke4wd:20161231125923p:plain

「オレのマシンはこれだぜ!」

「部長、そのファイヤードラゴンはガチマシンじゃないですか!!?」

「うるせぇよwオレは勝負と名のつくものには負けたくないんだよ!勝負は本気じゃなきゃだめだよな、みかど!」

「うん、やるなら本気がいい!どっちが速いか、競争だよ!!」

「みかどさんがいいならいいですけど大人気ないですよ、部長

「だってまだ子供だもーん。」

「くすくす

 

スタートグリットに並ぶファイヤードラゴンとスーパーエンペラー。

元は別漫画のマシンだったはずだが・・・並んでみると違和感がない。

どちらも丸みのあるデザイン、コロコロの読者層に絶大な人気があったマシンだ。

 

「レースは先に3周できたほうが勝ちです、準備はいいですか?」

「おぅ!」「はいっ!」

「それではレディーゴー!」

 

勢い良く走り出したのはなんとみかどのスーパーエンペラー。

 

「やっぱりだ!このマシンくっそ速ぇぇ!」

「お店で走らせたときと全然違う!?こんなに速いの!!?」

 

しかし火野のファイヤードラゴンも追い上げる。

 

「ストレートはみかどさんのほうが速いけど、コーナーとジャンプの挙動は部長のほうが上だ!」

「さすがにヒクオの安定度とローフリクションが入ったシステムだ!」

 

サイドバイサイドのデッドヒートになっている。

 

「すげぇマシンだよみかど!おまえの兄ちゃん、ただもんじゃねぇぜ!!」

「ほんとにあたしもびっくりだよ!」

「だが勝つのはオレだぁぁ!いっけぇー炎龍!!!」

 

最終コーナーを抜けたところで火野のマシンが頭1つリード。

 

「勝っt…ってえっ?!」

 

最後のレーンチェンジでバタついている間に超帝が脇を駆け抜けた!!

 

「ゴール!みかどさんの勝ちです!!」

「やったぁ!部長に勝っちゃったー

「ちょい今のなしもう1回やろ、な?」

「わーいわーい!これすっごく楽しい!すっごく気持ちいい!!あたしミニ四駆好きかもー!!」

「あぁぁ

「部長、速いんだけどいっつも本番でこうなんだよなぁ

「なんでしょ、ヘタレが走りにも出るのかなぁ?」

「だぁれがヘタレだこらーーーー!」

「わぁーやめてとめてやめてー」

「くすくす

 

ミニ四駆の楽しさ。

それは作ったり走らせたり、だけじゃないかもしれない。

 

「しっかし・・・そのマシン、もう1回見せてみろ。」

「ん?なにかおかしかったの?」

「部長、負けたからって因縁でもつけるつもりですか?」

「そんなんじゃねぇよ、ただなんか、違和感があるんだよ。」

 

ーーーーーーーーーー

解説:

・ペンのグリス

タミヤから発売されている「オイルペン」のこと。

すごく薄く伸ばしやすく、ごみ取りとかにも使いやすい。

ちょっと高いけど便利すぎるので買っておくべき!

 

JCJC

ジャパンカップ ジュニア サーキット」の略称。

市販で手にはいるコース1セットのことをこう呼んでいます。

定価は2万円を超えますので、なかなかお高いお買い物に。

 

・ファイヤードラゴン

ドラゴンシリーズの第二弾。

もとはコロコロで連載していた「ラジコンボーイ」という漫画のラジコン。

ファイヤーパターンがデフォでかっこいい真紅のマシン。

ポリカボディは今ではとても手に入りにくい。

 

・ヒクオ

もともとは提灯式マスダンパーといって、リアバンパーからボディの上を通す感じでアームを伸ばし、マスダンを吊り下げて、上下に可動するようにしてボディを叩いてマスダンを使うものがありました。

非常に制振性は高いのですが、見た目がとても悪くて。

ヒクオはマスダンパーユニットをボディ下から接続し、ボディそのものを可動するようにリアバンパー側からアームを作ってつける仕組みです。

アーム部分がボディ下に隠れるので、見た目もすっきりします。

ユニット自体をシャーシに叩きつけるので、2重の制振効果があり、ジャンプの着地がとても安定します。

 

・ローフリクション

ローフリクションタイヤというタイヤ。

ローフリクション、つまり抵抗が低いタイヤということで、すっごくツルツルです。

ミニ四駆はステアリングが切れないので、コーナーリング中は常時すべっている、ドリフト状態なんですね。

なのでタイヤのグリップがありすぎると滑らず、抵抗になって減速してしまうんです。

こいつを使ってフロントの抵抗を抜くことでコーナリングを早くすることができる、って寸法です。

ちなみに限定商品ですので、持ってない方は急いで買っておきましょう!

 

・レーンチェンジ

ただ溝を走っていた場合、内側が有利になってしまいます。

なので、走ってる溝の位置を交代する仕組みがコースに入っていて、それがレーンチェンジ(略してLC)です。

レーンの上をまたぐ、橋のような形になっているので、小さなジャンプ台のような感じになっており、通過するには飛び出さないような工夫をしないと攻略できません。

何気に一番最初にミニ四駆やっててつまづく場所だったりします。

ーーーーーーーーーー

部長のいちゃもん?何か波乱の予感!?w

次回第5話「お前のマシン、なんか変」をお楽しみにね。

 

ではでは。

第3話:ミニ四駆部、入部します

モーターを購入し学校に戻る。

部室として案内された音楽室の扉を開けると、

 

ぎゅぃーーーん!!!

 

かなりの大音量だ。

(そうか、だから防音の効いている音楽室でやってるんだ。)

 

「あ、部長、おかえりなs…わっわわわわわわ、女子!?」

「えぇぇ!?」

 

2人のメガネくんが揃ってびっくりしている。

f:id:poke4wd:20170102233013j:plain

1人は背が高くて賢そうだが少しお猿っぽい、もう1人はみかどとおなじくらいの身長だがハムスターっぽい。

 

「あ、こいつらは木暮と水戸。部員だ。」

「よろしくおねがいします、みかどです。」

「ここここちらこそよよよろれりれれ」

「そんなに緊張しなくても…(^^;

 

2人にも事情を説明する。

 

「なるほどそれは協力して差し上げなければですよ、ミニ四駆部の名が廃っちゃいます!」

「ほんとうにありがとう!」

「で、これがマシンですかいい趣味してますね、超帝とは。」

「ちょうてい?」

 

スーパーエンペラーという車種らしい。

なんとも歴史のあるマシンらしく、2人が興奮気味だ。

 

「あぁ、こいつらプラボディ至上主義なんだよ、気にしないでやってくれ。」

「何言ってるんですか部長!やっぱりプラボディのほうが剛性がt…

「わかったわかったから、とりあえずこいつのマシンみてやろうぜ。」

 

分解されてバラバラになっていくマシン。

 

「そんなにバラバラにしても大丈夫なの?」

「あたりまえだろ、もともとバラバラなもんなんだぜ。」

「このマシン、すごく精度高いですシャフトもタイヤもブレがまったくないですし、ギアの位置出しまでやってある

「ほんとに5年以上前のマシンなんですかこれ?こんな技術、そのころなかったんじゃ?」

「うち、小さい町工場やってたから、工具や機材はたくさんあるの。兄は工場を手伝いながら車のレースなんかの手伝いもしていたから、知識があったのかな。」

「であれば頷けますとはいえすごいや

 

解体後、気づいた点を火野が話し出す。

 

「まずいくつかネジ穴がバカになってきてるから、バンパーレスにしよう。タイヤのゴムも古くてボロボロだからタイヤも変えたほうがいいな。」

「でもモーターしか買ってきてないよ?」

FRPとタイヤくらい、いくらかあるから使っていいぞ。」

「え、そんなの悪いよお金出す

「心配すんな、けっこうパーツって余るもんなんだよ。そうだ、ならうちの部活助けると思って1つ協力してくれよ。」

「協力?できることならなんでもするよ!」

「よっしゃじゃうちの部に入部してくれよ、そうしたら部員が5人になるから部として認められるんだ。」

「それならあたしからお願いしたいよ!いままでバイトで忙しかったから部活動できなかったけど、しばらくはバイトしなくても大丈夫だし、入部するよ!」

「うちの部に女子がうううれしぃ

「泣くなよ水戸!僕もうううれしぃぃ

「おまえら

「あたしもうれしい。うち貧乏だったから、ずっと家事とバイトばかりで友達もほとんどいなくって。こんなにいっぱいお友達ができるなんて、ほんとよかった。」

「まぁミニ四駆が引き合わせた、って感じになるのか。」

ミニ四駆最高!」

ミニ四駆万歳!」

「おまえら・・・」

「くすくす

 

ーーーーーーーーーー

解説:

・超帝

スーパーエンペラーの略称。

つまりみかどのマシンはスーパーエンペラーということになります。

MSシャーシなのでリメイク版のものですね。

 

・プラボディ

プラスチック製のボディのこと。

ミニ四駆を購入すると普通はこのボディが入っています。

硬くて丈夫だけど、重いのだ。

 

・ギアの位置出し

ミニ四駆のギア周りは多少の遊び(スペース)が残されています。

この遊びをつめ、ギアを半固定させることで駆動ロスを減らすことを「抵抗抜き」と言ったりします。

この抵抗抜きのための処理の1つがギアの位置出しとなります。

 

・ネジ穴がバカになる

プラスチックのパーツにネジを直接はめ込むと削れてしまいます。

なんどもなんどもつけたり外したりすると、そのうち削りきってしまい、ネジがゆるゆるになってしまうんです。

この状態を「穴がバカになった」と言います。

 

・バンパーレス

ミニ四駆のシャーシには通常バンパーが付いています。

けっこう大きなプラスチックなので、重く、しかもネジ穴をバカにしやすいです。

なので、切り取ってしまい、別の軽い素材でバンパーを作り直すのですが、この処理をバンパーレス加工といいます。

初心者脱却の第一歩的な改造ですね。

 

FRP

Fiber-Reinforced Plasticsの略称で、繊維強化プラスチックのことです。

グラスファイバーが混ぜ込んであり、安価・軽量で耐久性もそこそこ高いです。

ーーーーーーーーーー

ミニ四駆活動が本格的になりそうな予感!

次回第4話「初めての改造、そしてレース」もお楽しみにね

 

ではでは。

第2話:熱い男、バンカラ

土曜の昼下がり。

学校は半ドン、みかどは昨日のミニ四駆を持ってリサイクルショップ「お宝@マーケット」に来ていた。

 

「こんなに人がいるんだ小学生から大人まで、ほんとに人気あるんだ

 

土曜の午後とはいえ、20人以上でごった返している。

さっそく100均で購入した8100円のアルカリ電池を入れ、スイッチオン。

 

ぎゅぃーーーん

 

「わわわ、しっかり動いたよかった。なんだか速そう!コースに置けばいいのかな?」

 

コースの端に置いてみると、そのまま走り出した。

しかし

 

「あれ、なんだか遅い?」

 

あきらかに目に見えて遅い。

周りの小学生からも「お姉ちゃんのマシン、おっせぇなー」などと言われる始末。

恥ずかしくなりすぐに回収してしまう。

 

「あぁぁこんなんじゃ全然ダメだどうしよう

 

半べそで途方に暮れていると。

 

「おまえ、ちょっとそのマシン見せてみろ。」

「えっ

 

帰ろうと思ったところに声をかけられ、焦って振り返ると、そこには今時めずらしい、不良ルック?バンカラ?っていうか下駄?の男の子が。

 

「ちょっとマシン見せてみろ、そのマシン、たぶんモーターが死んでるぜ。」

「死んじゃってるの!?」

 

びっくりしていると、寄越せ寄越せのジェスチャー

f:id:poke4wd:20161215000503j:plain

とりあえず預けてみると、自前の工具で器用に分解していく

 

「ほら、このライトダッシュ、寿命だよ。こんなんじゃぜんぜんダメだぜ。」

「そうなんだがっかり

「しかしこのマシン、ローラーもベアリングは全部脱脂してあるし、シャフトもチタンなのかよすげぇ作り込まれてるじゃねぇか。おまけにこのボディ、ボディマスダンセンチネルポール使う女なんて初めてみたぜ。」

「へ?だっし?せんちめんたるぽーず???」

「センチネルポールだよ、なんだこれお前が作ったんじゃないのか?」

「違うんです、実は

 

事情を説明すると、なんだかバンカラが涙目になってる。

 

「お前、大変じゃねぇかよ!わかった!オレが兄ちゃん探し手伝ってやるよ!」

「えっ!ほんとに!?」

「見たとこウチの学校じゃねぇか、オレは火野。2年の火野まもる、部長とでも呼んでくれよ。」

「あたしはみかど!よろしくお願いs…ってなんの部長?」

「うちの学校のミニ四駆部の部長だよ。」

「部活があったの!?」

 

話しを聞いてみると、ミニ四駆部と言っいてるけど非公認な同好会みたいなものらしい。

旧校舎の使っていない音楽室を部室にして活動しているようだ。

 

「とりあえずここだとコースの難易度が高いから、部室のコースに行こう。その前にモーター死んじまってるから、新しいモーター買ってこいよ。こいつはMSシャーシ、両軸マシンだからこの棚のここからここまでのモーターが使えるぜ。」

 

棚には両側からピンが飛び出したモーターが並んでいる。

「なるほど、だから両軸なのね。この子は両軸マシンっていうんだ

「オススメはこの赤いモーター、ハイパーダッシュだな。」

「へぇどれにしようかなん?」

「どうした?」

「このモーター、なんか光ってる

「はぁ?んなわけないだろ。」

「ううん、なんだか光って見えるんだよねうん、これにしよう!ちょっと買ってくるね!」

「モーターが光るわけねぇっつぅのまぁいいや、気に入ったのならそれでいいさ。じゃ部室行こうぜ。」

「うん!」

 

ーーーーーーーーーー

解説:

半ドン

午後からお休みの事。

土曜のお昼に空砲が撃たれて、後は休みだよーという合図だったという話。

 

・お宝@マーケット

全国展開?しているリサイクルショップ。

ミニ四駆に力を入れていて、大きなコースがあるお店が多いです。

 

100均で購入した8100円のアルカリ電池

ほとんどが中華製の質が悪い電池。

ミニ四駆にはお勧めできないけど、とりあえずの選択肢くらいにはなるかな。

もちろん、コスパはいいけどw充電池買いましょう。

 

バンカラ

平たく言うと一昔前の不良のような格好。

ボロボロの学生服、マント、帽子、下駄。

そして腰から手ぬぐい。

 

・ライトダッシュ

ライトダッシュモーターの事。

ダッシュ系モーターは高速仕様なものが多いんだけど、ライトダッシュは性能が控えめ。

なので扱いやすく、初心者でも安心して使っていけるのだ。

 

・チタンシャフト

以前販売されていたチタン製のシャフト。

最高の強度であるのだが、再販はしておらず現状レアアイテム。

オークションなどでは10000円以上の高値で出ることもざら。

 

ベアリング

ボールベアリングの事。

シャフトなどの通り道に仕込むことで、回転をスムーズにできます。

タイヤのシャフト受けに使う620ベアリングという商品はとても高性能だけど、なんと2個で700円もします!!

 

・脱脂

ベアリングは中に鉄製のボールが入っていて、回転抵抗を少なくしているが、このボールが錆びないようにグリスが詰められています。

スムーズに回るんだけど、実はこのグリスが抵抗になってもいます。

そのグリス(脂(あぶら))を抜くことで抵抗をなくすことを脱脂処理と言います。

ただし、保護用の油を抜いてしまうので錆びやすくなったり。

抵抗、粘度の低い金属オイルなどで保護しながら使っていきましょう。

 

・ボディマスダン

通常のマスダンパー(マスダン)は、シャーシに長いネジなどをつけ、そこに錘(おもり)を置いて着地衝撃と相殺させる仕組みです。

ボディマスダンはボディに錘を仕込んで、ジャンプの着地の衝撃を抜く仕組み。

 

・センチネルポールシステム

TMFLという大人向けのミニ四駆漫画に出てくる通称「博士」が考案したボディマスダンシステムのこと。

シャーシから4本のネジを出し、そこにボディを通すことでスライドさせ、着地衝撃に備えます。

この4本がマシンを守る番兵の柱?のように見えるからセンチネルポールシステムらしい。

 

MSシャーシ

ミニ四駆には2タイプのシャーシがあり、1つが初期からある片軸と言われる普通のモーターを使うもの。

この場合、モーターの位置は基本リアになります。(フロントもある)

もう1つが両軸といい、モーターのピンが前後に貫通した2軸出ているものが使えます。

モーター位置はシャーシの真ん中、ミッドシップとなります。

この軸、片方ずつでタイヤをダイレクトに回すので、プロペラシャフト(前後のタイヤ用シャフトをつなぎ駆動を伝えるシャフト)がありません。

力の伝達効率がいいが、トルクが直接分散されるので低め。

この両軸モーターを使えるシャーシが2種類あり、1つがこのMSシャーシです。

フロント、センター、リアの3分割構成になっていて、剛性が高く精度も高い。

また、改造のしやすさもトップクラスで、シャーシ内にスプリングを仕込みサスペンションのような仕組みも作りやすいです。

オプションパーツも多数あり、もっとも人気のあるシャーシの1つと言えます。

 

・ハイパーダッシュ

ハイパーダッシュモーターのこと。

トルク、回転数ともに高く、バランスのいい高速モーター。

使用率ももっとも高いのでは?

ーーーーーーーーーー

バンカラ部長とご対面!恋の予感!?ありませんよそんなものは!!

次回第3話「ミニ四駆部、入部します」をお楽しみにね

 

ではでは。

第1話:封印は、解かれた

ーーーーーーーーーー
白を基調にしたカラフルなレール、曲がりくねった溝。

そしてその中を駆け巡る小さなレーシングカー……
ーーーーーーーーーー

ミニ四駆をご存知だろうか?
手の平サイズの「レーシングカー」である。
売上げ総台数1億台以上、世界一売れている車模型でもある。

80年台に1次ブーム、90年台に2次ブーム。
そして、そのころ子供だった世代が大人になり、子供を持ち。
親子で楽しめるホビーということで、そんな世代を中心に現在、第3次ブームが巻き起こっている。

長い間、人を惹きつけてきた魅力は、なんと言ってもチューニングの奥深さ。
「世界最小のモータースポーツ
と言われるほど、本格的なセッティングが可能となっている。
値段も手頃で、大人から子供まで楽しめる、そんな小さな車に皆が魅了されているのだ。

ーーーーーーーーーー

TVスクリーンに映し出されていたのはミニ四駆のコース。
ミニ四駆の日本一を決める舞台「ミニ四駆ジャパンカップ」の特番が放送されていた。

 

「あの後ろ姿…間違いない、お兄さんだ!!お母さん、お兄さんを見つけたよ!!」

 

寝室の母親に駆け寄り、興奮気味に話し出す。
ポニーテールに幼さの残る顔立ち。
少し背は低いが、元気で活発そうな女の子。
町田宮高校、1年生 「皇(すめらぎ) みかど」。


「どこで見つけたんだい?」
「うん、さっきテレビでミニ四駆の大会が放送されてて、その会場にいたんだよ!まーちがいなーい♪」
「まだあの子はミニ四駆なんておもちゃで遊んでいたのね…それでも生きていてくれて…よかった…」
「お母さん…」

 

皇家は小さな町工場を営んでいたが、リーマンショックの煽りで立ち行かなくなり倒産、父親の死と立て続けに不幸が続いた。
みかどの兄、すばるは父の葬儀後に置き手紙を残し失踪、行方不明になっていた。
だが昨年、みかどが中学の卒業を控えていたころ、預金通帳が手紙と共に届いた。


「母さん、みかど。
心配かけてすまない。
当座をこの金で過ごしてくれ。
僕は大丈夫だから。      すばる」


通帳には5000万円の預金が残されていた。

 

「あんなお金だけもらっても…あの子がいないんじゃ…」
「お母さん…大丈夫!あたしがお兄さんを探し出すから!心配しないで!!」
「探すって…興信所に頼んでも見つからなかったのに、どうやって。」
「お兄さんはミニ四駆の大会に出てたの。つまりミニ四駆をやっていれば会える可能性が高いと思うの。」

「でもあれは男の子のおもちゃ…」
「大丈夫♪あたし手先は器用だし、工場の道具やお兄さんが残していったミニ四駆もあるし。」
「お前は学校もあるんだし、無理せず楽しく暮らしていればいいのよ。」
「うん、ありがとうお母さん。」

 

兄の部屋の押入れからポータブルピットを探し出す。


「あった…これだと思うんだけど…」


灰色の蓋が付いた2段重ねのキャリーボックス。
下段には工具らしきもの、そして上段には。


「これが、ミニ四駆…意外と大きい…?」

f:id:poke4wd:20161203024021j:image

ミニカーと比べていたので、少し大きさに戸惑う。
白く輝くボディに赤いライン。
丸みを帯びたそのボディには「DASH」の文字が。


「意外とかわいい…なんかまるっこい♪たしか近所のリサイクルショップみたいなところで大きなコースがあったはず。明日行ってみて走らせてこよう。上手くできるようになれば…お兄さんに会えるかな…」

 

ーーーーーーーーーー
あとがき:
ミニ四駆を知らない方にも知っていただくためにどうしたらいいか?
…わかりやすい解説が物語になってればよくね?

ということでラノベ企画始めます!
タイトルは「四輪駆動のエンプレス」です。

とりあえず出だしから話が暗いですがw
みかどちゃんの応援、よろしくお願いいたします。

毎回、最後に解説を入れて用語などの説明を入れて行く予定ですので、啓発的なものになっていければいいなぁ。

では解説、行ってみます♪
ーーーーーーーーーー
解説:
ミニ四駆ジャパンカップ
ミニ四駆の全国大会だと思っていただけるとわかりやすいです。
各地方にて予選が行われ、最後に東京でチャンピオンを決めます。

 

ポータブルピット
ミニ四駆や工具を持ち運ぶためのケースです。
タミヤオフィシャルからも何種類か出てますが、今回のはこれです。
http://www.tamiya.com/japan/products/15424portable_pit/
2段重で縦長なのですが、なかなかコンパクトです。
1段だけ取り外しての運用もできます。
ーーーーーーーーーー
兄が残したマシンの性能は!?
次回第2話「熱い男、バンカラ」、おたのしみにね♪

 

ではでは。

制服デザインはこんなで

あんまし凝ったものは書けないのでwこんなもんかな。

f:id:poke4wd:20161202000131j:plain

セーラーで、ハイウエストスカート。
ニーハイとリスバンはこの子のポイントで。

 

みてわかるように足ぶっとい感じですw
ポケモンの初期のころの画風に近づけたい・・・

 

次は男子の制服も書いてみよう。
ではでは。

とりあえず確定

主人公の画風はこんな感じで確定で。

f:id:poke4wd:20161201105741j:image

初志貫徹で行こう…あたしには萌え絵は無理ですぅw

 

他のキャラや制服デザインも考えなきゃ。

こういう作業が楽しいのよね…設定厨の気持ちわかるわw

 

ではでは。

あらすじと絵の練習

あらすじ:
事業に失敗し父親は死去、事業を手伝っていた兄は失踪。
母親もショックから病気がちで床に伏せることが多い。
そんな生活でも明るく元気な高校生、「みかど」。
突然失踪中の兄から預金通帳が届く、その額5000万円。
どこでこんな大金を?兄は何をしているのか…
同じ頃、テレビでミニ四駆の特番が。
その画面には見慣れた兄の後ろ姿が…

 

こんな設定で行こうと思うのですが…

のっけから暗いなぁw

 

あと主人公の「皇 みかど」さんの絵を練習してるんですが…

f:id:poke4wd:20161130004725j:image

f:id:poke4wd:20161130004732j:image

うーん、絵柄が安定しないなぁ…

もう少し意識が強そうで、でもふにゃっとした女子感が出せないかしら…

 

練習していきますです♪

ではでは。