読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四輪駆動のエンプレス

ミニ四駆を題材にしたラノベを書いていきます。

第16話:駆け抜けろ、エンペラー

「で、キミのマシンわぁ?」

「こいつよ!!」

 

みかどの超帝。

少しフロント周りが変わったように見えるが、見慣れたマシンである。

 

「ふぅん見た感じ普通のMS、プラボディマシンでボクに勝つん?しかもそれはセンチネルポールかぃボクを舐めてるのかなぁ?」

「別に舐めてなんかいないよ。この3日間、がんばってセッティングしたんだから。誰にだって負けないから。そっちこそ、舐めてんじゃないわよ。」

「ふふまぁいいさ、そんなマシンでボクのトライダガーに勝てるわけがn

「つべこべ言ってないで早くグリッドについてよ。」

「ふふ勝ち気だねぇ嫌いじゃないよぅ。」

 

各車スタートグリッドにつく。

 

「じゃぁいぢにづいでレディゴーーー!!」

 

ほぼ同時のスタートだが、みかどのマシンが速い。

 

「マッハダッシュかなぁいや違うねぇ、これはハイパーかなぁ?いい音しているぅ

「みかどのハイパーは30000回転以上回ってるモーターだぜ。」

「でもこんな速度でぇドラゴンバックから1枚わぁ入るのかなぁ?」

!?」

 

DBの入り口に差し掛かるが、ほとんど減速をしない。

 

「ばか、ブレーキ弱すぎだ、ぶっ飛んd…

 

がんっすたん!

 

しかしマシンは小さく飛んでいる。

なんだぁ、いま何が起こったぁ?」

「しかもレーンに触れたように見えたのに着地がめちゃくちゃスムーズになってるいままでの暴れ馬な超帝じゃねぇみたいだおまえ、なにをどうしたんだっ!?」

 

「フレキシブルなんちゃら。」

 

え?」

「フレキシブル化してみました。」

この短期間で作ったのか?」

「うん。あ、ナツさんに教えてもらいながらだけどね。」

「おまえってやつぁあほんとにすごいやつだな!!」

「へへへ、なんだかんだで整備工の父の血を継いでるのかな。」

 

「この速度でコーナーも速いねぇいったいどうなってるんだぁ、これわぁ?」

「このフレキ、ちょっとゆるく作り過ぎちゃってて、ぐにゃぐにゃなの。そのせいか、コーナーでステアリングが切れるような挙動をしてるみたい。」

「そんなフレキ聞いたことないぞぅ

「お兄さんが残してくれたマシンなんだもん!あんたなんかに負けるわけないよ!」

「くぅっ

 

3週目のDBもスムーズに小さく飛んでいる。

 

「この動き、なんなんだ?この速度でこんなジャンプ出来るわけない!?」

「フロントアンダーガードとリアステーの長さを上手く合わせると、スロープの入り口でフロントが当たってフロント重心が上に。そうすると、リアステーがジャンプの手前で地面に当たる。その反動で…DBの頂点に差し掛かる前に、この子はジャンプしているの。」

 

全員が唖然としている

 

「そんなことできるのか?俺たち何年もミニ四駆やってるけど、知らなかったぞ。」

「これはこういちさんに聞いたの。ただセッティングが難しくって、速度とマシンのセッティングが完璧に合ってないとこの動きにはならないんだって。」

「それをお前

「なんかできちゃった♪」

 

「「「ずこーーーっ!」」」

勢いよくコケるミニ四駆部員。

 

「できちゃったじゃねぇよ、妊娠を告げる奥さんかよ、めでてぇなぁ!!」

「くすくす♪でもあたしもびっくりしたんだよ!すごく速かったから。」

 

そしてそのままあっさりとゴール。

 

「はい、あたしの勝ちぃー♪」

ボクのトライダガーがぁ負けるわけびえぇぇーーーん!!」

「あらら

 

ぺたんと座り込んで子供のように泣きじゃくってしまった。

大号泣の会長の側にかけよる副会長。

 

「さぁ、会長、帰りましょう。」

「がおるぅぅボクのトライダガーがぁびぇぇーん」

「よしよし、泣かないで、ほら、チーンして。」

「ぶびぃーーー」

 

「今日のところはこれにておいとまします。後日、生徒会室にいらしてください。」

「刀で切られたりせんだろうな

「ご安心を。みなさまには感謝をしているくらいです。」

「へ?」

「それでは失礼します。ささ、会長、行きますよ。」

「ぴぇぇすんすんがおるぅぅ

「はいはい、ほら泣かないで

 

工場から出て行く2人をぼーぜんと見送る。

 

「いったいなんだったんだ、あれ。」

「うん、でもまぁとにかくあたし、勝ったよ♪」

 ……

 ………いやったぁぁぁーーーーありがとう、みかどーーー!!」

「女神やいや、女神のエンペラー様やでぇ

 

ーーーーーーーーーー

ついに会長を倒せました♪次回は生徒会編ラストで第1章最終回、第17話「ミニ四駆、仲間たち」もお楽しみにね♪

 

ではでは。