読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四輪駆動のエンプレス

ミニ四駆を題材にしたラノベを書いていきます。

第15話:こんなことも、あろうかと

2人のマシンがグリッドにつく。

部長は汗ばみ少し震えている。

対して会長は余裕の表情を見せている。

 

「今回ばっかりは、負けられないんだよ!!」

「ふふ力んでるねぇ

 

「それでは行きます!レディゴー!!」

 

少しフライング気味に部長の炎龍が前にでる。

 

「焦りすぎだよぅふふ

「行けぇ!炎龍!!」

 

ホームコースでもあり、がっつりセッティングが出せている部長のファイヤードラゴンが飛ばしている。

しかし、その後ろをほとんど離れず食いつく会長のトライダガー

 

「なんてスムーズな着地なんだよこいつ走りに途切れ目を感じさせねぇ

「ふふでもボクのトライダガーわぁこんなもんじゃぁ、ないんだよぅ

 

2週目に入るとジリジリと追い上げるトライダガー

 

「うそだろ、初めて走るコースなのに

「このトライダガーはどんなコースでもマルチにセッティングできるようにしてあるんだぁこんな初級のコースだったらノンブレ、ノーマスダンで行けるかもねぇ。」

「くっそぅ、がんばれ、炎龍!!」

 

ストップ&ゴーが信条の炎龍が決して遅いわけじゃない。

このコースに合わせた、最高のセッティングの1つなはず。

ただ、それ以上に、会長のマシンが。

 

速い。

 

3週目。

ついに並ばれる。

 

「ばか

「ふふさぁいけぇ!トライダガァ!」

 

炎龍をジリジリと引き離す。

 

「なんでこんなに速いんだよ

「キミのマシンが遅くなってるのさぁライトとハイパーの差だよぅ電池の消費量がライトの方が少ないのさぁ。」

「!!?」

 

同じ回転数でもトルクと電池消費量が違う。

もちろんトルクはハイパーが上だが、このコースはトルクより高速性がモノを言う。

 

「この手のコースでボクのライトダッシュに勝ちたいなら、ハイパーより上のモーターで勝負をかけないと無理さぁ。」

 

3馬身ほど差をつけて、会長の勝利。

 

「おつかれさぁん残念だったねぇ

「ぐっすまない、みんな

「ながないでぐだざい部長仕方ないですよ、こんなマシン反則でずぅ

「泣いて喚いても無駄さぁ部室はもらっていk…

 

「ちょっと待って!!!」

 

みかどが工場の入り口で仁王立ちしていた。

背後から差し込む街灯の灯りのせいか、後光が差しているように見える。

 

「みか?」

「あなた、金田家のお坊ちゃんでしょ!?たしかこの工場跡地の権利を欲しがってたわよね?」

あぁぁ、皇さんちの娘さんかぁ。うん、ここはこの街の一等地、前から欲しかったよぅ。でもお父上が亡くなった後の騒動で保険屋に入られて、手に入れられなかったなぁ。」

「じゃ、うちの工場の権利書、売ってあげる。」

へぇ、いいのかいぃ?」

「いいわよ、ただし、あたしのマシンに勝てたらね!!」

「なぁるほどねぇ、代わりに負けたら部室を返せ、ってことだろぅ?」

「みかど!無理だやめろっ、こいつのトライダガー、バケモンだ俺たちのためにお前のお父さんの工場まで取られちまったらオレ

「大丈夫、心配しないで。こんなこともあろうかと、あたしもマシンをセッティングしてきたんだから。」

「お前のマシンも速いけどそれでも無理d

「さぁやるのかいぃそれとも怖気ついたかなぁ?」

「やるわ。」

「権利書だぞぅ?」

「二言はない。」

「こいつ、いい根性だぁ目がいいねぇ。負けてもそいつらみたいに喚いたりしないだろうなぁ。」

あんたなんかに、負けない!!!」

 

ーーーーーーーーーー

熱い展開!これぞ青春ミニ四駆!!

次回第16話「駆け抜けろ、エンペラー」をお楽しみにね♪

 

ではでは。