読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四輪駆動のエンプレス

ミニ四駆を題材にしたラノベを書いていきます。

第10話:男の戦い、これがレースだ

女子同士のレース後。

 

「よっしセッティング完了!今度は俺とやろうぜ!」

「でもまだあたしのマシン完走できそうにないからセッティングし直したいな。」

「そうか

「それでは僕がお相手いたします。」

 

商美副部長、渡辺こういち。

スラッとした長身、真ん中分けのサラサラヘアの前下がりボブ。

ハタから見てるとほんとイケメンさんである。

 

「おまえかいいぜ、相手になってやる!」

「ちょうど新しいマシンを製作していたので、シェイクダウンに。」

「そんな調整中のマシンでオレとやろうってのか?言うじゃねぇか

「そう言う意味ではでもそう取っていただいても結構です。」

「ホーム故の自信ってやつか吠え面かかせてやるぜ!」

 

持っているキャリーからマシンを取り出す。

 

「僕のマシンはこれです。」

 

VSシャーシのアスチュート。

フロント側からボディの下を通すようにカーボンのアームが入っている。

 

VSのフロントヒクオでローラーだけじゃなくマスダンのポールまで中空シャフトでピン打ちとは恐れ入谷の鬼子母神だな。」

「すごいぺったんこなマシンだ

「うちの部長には負けますが。」

「あ?なんか言った?」

「いえなにもぺたんこ素晴らしいかと。」

「きーーーーー!」

 

「でもボディの塗装がうねうねしてる

 

ブルーのグラデーションの上に白と黒がウネって混ざり合うような配色をしている。

 

「なんつぅ悪趣味なマーブリングだよ暗黒空間かなにかかこれ?」

「素人にはこの芸術性がわからないのですねあぁ美しい

ミニ四駆までナルってんのかよ。」

「まぁ僕はあなたに負ける訳にはいかないので

「ふん。」

 

(なんだろ、この2人には因縁じみたものでもあるのかな。)

 

各車スタートグリッドに。

赤いマシンと青いマシン、タミヤ公式で喜ばれそうな配色となった。

 

「シグナルに注目!」

 

オールグリーン!一斉にスタート!

初速の伸びは部長が上だが、このコースは速すぎると飛び出しやすいテクニカルコース。

 

「そのスピードでうちのドラゴンバック、入るんですか?」

「まぁ見てろよ

 

きゅきゅっ!

ものすごい急ブレーキがかかる!!

 

「この音!?なるほどジョーダンブレーキですね。」

「そういうこった!」

ジョーダンマイケル・ジョーダンw

「そう、そのジョーダン。」

(合ってたの冗談のつもりだったのに…)

「通常のブレーキはウレタン素材のものだが、こいつのフロントに入れたのはハードタイヤの切れっ端。効き目が段違いだぜ!」

「ストップ&ゴーで周り切るつもりですね

 

火野のマシンはかっ飛ばしから急速ブレーキングで小さくジャンプしていく。

対してこういちのマシンはナツ同様、トータルな走りを展開。

抜きつ抜かれつのデッドヒートになっている。

 

(やっぱり部長のマシン、速いなぁ。)

 

3周目、最終のLC直前の加速で部長が前に出る。

 

「いっけぇ!俺の炎龍!!!」

(なんだろ、すごいデジャブ感…)

 

がっちょん、ぴょーーーん

 

案の定、LCでバランスを崩しそのままCO

 

「あるぇーーーー」

 

こういち氏のアスチュートがチェッカーフラッグを受ける。

 

「いい勝負でしたねしかし爪が甘いというか

「こないだのあたしとの勝負と同じだ

「ぢぐじょうーーーー!」

「なんというかまもちゃん相変わらずヘタレねぇ

「うっせぇよ!もう帰るぞっ!!」

「くすくす♪」

 

ーーーーーーーーーー

解説:

・前下がりボブ

真ん中分けで後ろの髪より前方向のほうが長い髪型。

ブリー◯の石◯とか黒◯事のセバ◯チャンとか、そんなん。

 

シェイクダウン

おろしたて、とかそんな意味。

まだ実戦未投入なマシンの初走行のこと。

 

VSシャーシ

片軸のシャーシで軽くて剛性もある。

モーター、ギアの組み合わせでの最高速ではこいつが一番出るとの噂。

最速マシン理論などを掲げると筆頭に上がる大変優れたシャーシ。

 

・中空シャフト

ここで出る中空シャフトはプロペラシャフトの方。

中が空洞になっているタイプのもの。

強度もあり、軽い。

 

・ピン打ち

通常、ローラーなどはビスでつけるのですが、モーターを分解しピンを取り出し、そいつをカーボンなどに打ち込んでローラーも打ち込むことで、剛性高いシステムになる。

このモーターピン、ミニ四駆のシャフト関連ではもっとも曲がり難い。

またローラーのビス頭も出ないので、アンダーガードがなくても引っかかり難い。

ものすごく使える改造だが、打ち込むので外しにくい、つまりメンテ性が低くなるので注意。

 

・マーブリング

マーブリング塗装といって、まだら模様に塗装する方法がある。

上手く塗装できるととっても綺麗なのだが運も必要だったり。

 

ジョーダンブレーキ

フロントブレーキを少しタイヤ付近まで寄せてつけるんだけど、この時、ウレタンの市販ブレーキではなく、タイヤなどをカットして貼り付けることで、急制動を可能とさせるブレーキのこと。

バスケットシューズの「きゅっきゅ」みたいな音が出るのでこんな名前がついたそうです。

ーーーーーーーーーー

ということで男の勝負も終わり、またも部長は残念なことに(^^;

次回第11話「マシン詳細、その2」をお楽しみにね♪

 

ではでは。