読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四輪駆動のエンプレス

ミニ四駆を題材にしたラノベを書いていきます。

第3話:ミニ四駆部、入部します

ミニ四駆 ラノベ 四輪駆動のエンプレス

モーターを購入し学校に戻る。

部室として案内された音楽室の扉を開けると、

 

ぎゅぃーーーん!!!

 

かなりの大音量だ。

(そうか、だから防音の効いている音楽室でやってるんだ。)

 

「あ、部長、おかえりなs…わっわわわわわわ、女子!?」

「えぇぇ!?」

 

2人のメガネくんが揃ってびっくりしている。

f:id:poke4wd:20170102233013j:plain

1人は背が高くて賢そうだが少しお猿っぽい、もう1人はみかどとおなじくらいの身長だがハムスターっぽい。

 

「あ、こいつらは木暮と水戸。部員だ。」

「よろしくおねがいします、みかどです。」

「ここここちらこそよよよろれりれれ」

「そんなに緊張しなくても…(^^;

 

2人にも事情を説明する。

 

「なるほどそれは協力して差し上げなければですよ、ミニ四駆部の名が廃っちゃいます!」

「ほんとうにありがとう!」

「で、これがマシンですかいい趣味してますね、超帝とは。」

「ちょうてい?」

 

スーパーエンペラーという車種らしい。

なんとも歴史のあるマシンらしく、2人が興奮気味だ。

 

「あぁ、こいつらプラボディ至上主義なんだよ、気にしないでやってくれ。」

「何言ってるんですか部長!やっぱりプラボディのほうが剛性がt…

「わかったわかったから、とりあえずこいつのマシンみてやろうぜ。」

 

分解されてバラバラになっていくマシン。

 

「そんなにバラバラにしても大丈夫なの?」

「あたりまえだろ、もともとバラバラなもんなんだぜ。」

「このマシン、すごく精度高いですシャフトもタイヤもブレがまったくないですし、ギアの位置出しまでやってある

「ほんとに5年以上前のマシンなんですかこれ?こんな技術、そのころなかったんじゃ?」

「うち、小さい町工場やってたから、工具や機材はたくさんあるの。兄は工場を手伝いながら車のレースなんかの手伝いもしていたから、知識があったのかな。」

「であれば頷けますとはいえすごいや

 

解体後、気づいた点を火野が話し出す。

 

「まずいくつかネジ穴がバカになってきてるから、バンパーレスにしよう。タイヤのゴムも古くてボロボロだからタイヤも変えたほうがいいな。」

「でもモーターしか買ってきてないよ?」

FRPとタイヤくらい、いくらかあるから使っていいぞ。」

「え、そんなの悪いよお金出す

「心配すんな、けっこうパーツって余るもんなんだよ。そうだ、ならうちの部活助けると思って1つ協力してくれよ。」

「協力?できることならなんでもするよ!」

「よっしゃじゃうちの部に入部してくれよ、そうしたら部員が5人になるから部として認められるんだ。」

「それならあたしからお願いしたいよ!いままでバイトで忙しかったから部活動できなかったけど、しばらくはバイトしなくても大丈夫だし、入部するよ!」

「うちの部に女子がうううれしぃ

「泣くなよ水戸!僕もうううれしぃぃ

「おまえら

「あたしもうれしい。うち貧乏だったから、ずっと家事とバイトばかりで友達もほとんどいなくって。こんなにいっぱいお友達ができるなんて、ほんとよかった。」

「まぁミニ四駆が引き合わせた、って感じになるのか。」

ミニ四駆最高!」

ミニ四駆万歳!」

「おまえら・・・」

「くすくす

 

ーーーーーーーーーー

解説:

・超帝

スーパーエンペラーの略称。

つまりみかどのマシンはスーパーエンペラーということになります。

MSシャーシなのでリメイク版のものですね。

 

・プラボディ

プラスチック製のボディのこと。

ミニ四駆を購入すると普通はこのボディが入っています。

硬くて丈夫だけど、重いのだ。

 

・ギアの位置出し

ミニ四駆のギア周りは多少の遊び(スペース)が残されています。

この遊びをつめ、ギアを半固定させることで駆動ロスを減らすことを「抵抗抜き」と言ったりします。

この抵抗抜きのための処理の1つがギアの位置出しとなります。

 

・ネジ穴がバカになる

プラスチックのパーツにネジを直接はめ込むと削れてしまいます。

なんどもなんどもつけたり外したりすると、そのうち削りきってしまい、ネジがゆるゆるになってしまうんです。

この状態を「穴がバカになった」と言います。

 

・バンパーレス

ミニ四駆のシャーシには通常バンパーが付いています。

けっこう大きなプラスチックなので、重く、しかもネジ穴をバカにしやすいです。

なので、切り取ってしまい、別の軽い素材でバンパーを作り直すのですが、この処理をバンパーレス加工といいます。

初心者脱却の第一歩的な改造ですね。

 

FRP

Fiber-Reinforced Plasticsの略称で、繊維強化プラスチックのことです。

グラスファイバーが混ぜ込んであり、安価・軽量で耐久性もそこそこ高いです。

ーーーーーーーーーー

ミニ四駆活動が本格的になりそうな予感!

次回第4話「初めての改造、そしてレース」もお楽しみにね

 

ではでは。