読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四輪駆動のエンプレス

ミニ四駆を題材にしたラノベを書いていきます。

第2話:熱い男、バンカラ

ミニ四駆 ラノベ 四輪駆動のエンプレス

土曜の昼下がり。

学校は半ドン、みかどは昨日のミニ四駆を持ってリサイクルショップ「お宝@マーケット」に来ていた。

 

「こんなに人がいるんだ小学生から大人まで、ほんとに人気あるんだ

 

土曜の午後とはいえ、20人以上でごった返している。

さっそく100均で購入した8100円のアルカリ電池を入れ、スイッチオン。

 

ぎゅぃーーーん

 

「わわわ、しっかり動いたよかった。なんだか速そう!コースに置けばいいのかな?」

 

コースの端に置いてみると、そのまま走り出した。

しかし

 

「あれ、なんだか遅い?」

 

あきらかに目に見えて遅い。

周りの小学生からも「お姉ちゃんのマシン、おっせぇなー」などと言われる始末。

恥ずかしくなりすぐに回収してしまう。

 

「あぁぁこんなんじゃ全然ダメだどうしよう

 

半べそで途方に暮れていると。

 

「おまえ、ちょっとそのマシン見せてみろ。」

「えっ

 

帰ろうと思ったところに声をかけられ、焦って振り返ると、そこには今時めずらしい、不良ルック?バンカラ?っていうか下駄?の男の子が。

 

「ちょっとマシン見せてみろ、そのマシン、たぶんモーターが死んでるぜ。」

「死んじゃってるの!?」

 

びっくりしていると、寄越せ寄越せのジェスチャー

f:id:poke4wd:20161215000503j:plain

とりあえず預けてみると、自前の工具で器用に分解していく

 

「ほら、このライトダッシュ、寿命だよ。こんなんじゃぜんぜんダメだぜ。」

「そうなんだがっかり

「しかしこのマシン、ローラーもベアリングは全部脱脂してあるし、シャフトもチタンなのかよすげぇ作り込まれてるじゃねぇか。おまけにこのボディ、ボディマスダンセンチネルポール使う女なんて初めてみたぜ。」

「へ?だっし?せんちめんたるぽーず???」

「センチネルポールだよ、なんだこれお前が作ったんじゃないのか?」

「違うんです、実は

 

事情を説明すると、なんだかバンカラが涙目になってる。

 

「お前、大変じゃねぇかよ!わかった!オレが兄ちゃん探し手伝ってやるよ!」

「えっ!ほんとに!?」

「見たとこウチの学校じゃねぇか、オレは火野。2年の火野まもる、部長とでも呼んでくれよ。」

「あたしはみかど!よろしくお願いs…ってなんの部長?」

「うちの学校のミニ四駆部の部長だよ。」

「部活があったの!?」

 

話しを聞いてみると、ミニ四駆部と言っいてるけど非公認な同好会みたいなものらしい。

旧校舎の使っていない音楽室を部室にして活動しているようだ。

 

「とりあえずここだとコースの難易度が高いから、部室のコースに行こう。その前にモーター死んじまってるから、新しいモーター買ってこいよ。こいつはMSシャーシ、両軸マシンだからこの棚のここからここまでのモーターが使えるぜ。」

 

棚には両側からピンが飛び出したモーターが並んでいる。

「なるほど、だから両軸なのね。この子は両軸マシンっていうんだ

「オススメはこの赤いモーター、ハイパーダッシュだな。」

「へぇどれにしようかなん?」

「どうした?」

「このモーター、なんか光ってる

「はぁ?んなわけないだろ。」

「ううん、なんだか光って見えるんだよねうん、これにしよう!ちょっと買ってくるね!」

「モーターが光るわけねぇっつぅのまぁいいや、気に入ったのならそれでいいさ。じゃ部室行こうぜ。」

「うん!」

 

ーーーーーーーーーー

解説:

半ドン

午後からお休みの事。

土曜のお昼に空砲が撃たれて、後は休みだよーという合図だったという話。

 

・お宝@マーケット

全国展開?しているリサイクルショップ。

ミニ四駆に力を入れていて、大きなコースがあるお店が多いです。

 

100均で購入した8100円のアルカリ電池

ほとんどが中華製の質が悪い電池。

ミニ四駆にはお勧めできないけど、とりあえずの選択肢くらいにはなるかな。

もちろん、コスパはいいけどw充電池買いましょう。

 

バンカラ

平たく言うと一昔前の不良のような格好。

ボロボロの学生服、マント、帽子、下駄。

そして腰から手ぬぐい。

 

・ライトダッシュ

ライトダッシュモーターの事。

ダッシュ系モーターは高速仕様なものが多いんだけど、ライトダッシュは性能が控えめ。

なので扱いやすく、初心者でも安心して使っていけるのだ。

 

・チタンシャフト

以前販売されていたチタン製のシャフト。

最高の強度であるのだが、再販はしておらず現状レアアイテム。

オークションなどでは10000円以上の高値で出ることもざら。

 

ベアリング

ボールベアリングの事。

シャフトなどの通り道に仕込むことで、回転をスムーズにできます。

タイヤのシャフト受けに使う620ベアリングという商品はとても高性能だけど、なんと2個で700円もします!!

 

・脱脂

ベアリングは中に鉄製のボールが入っていて、回転抵抗を少なくしているが、このボールが錆びないようにグリスが詰められています。

スムーズに回るんだけど、実はこのグリスが抵抗になってもいます。

そのグリス(脂(あぶら))を抜くことで抵抗をなくすことを脱脂処理と言います。

ただし、保護用の油を抜いてしまうので錆びやすくなったり。

抵抗、粘度の低い金属オイルなどで保護しながら使っていきましょう。

 

・ボディマスダン

通常のマスダンパー(マスダン)は、シャーシに長いネジなどをつけ、そこに錘(おもり)を置いて着地衝撃と相殺させる仕組みです。

ボディマスダンはボディに錘を仕込んで、ジャンプの着地の衝撃を抜く仕組み。

 

・センチネルポールシステム

TMFLという大人向けのミニ四駆漫画に出てくる通称「博士」が考案したボディマスダンシステムのこと。

シャーシから4本のネジを出し、そこにボディを通すことでスライドさせ、着地衝撃に備えます。

この4本がマシンを守る番兵の柱?のように見えるからセンチネルポールシステムらしい。

 

MSシャーシ

ミニ四駆には2タイプのシャーシがあり、1つが初期からある片軸と言われる普通のモーターを使うもの。

この場合、モーターの位置は基本リアになります。(フロントもある)

もう1つが両軸といい、モーターのピンが前後に貫通した2軸出ているものが使えます。

モーター位置はシャーシの真ん中、ミッドシップとなります。

この軸、片方ずつでタイヤをダイレクトに回すので、プロペラシャフト(前後のタイヤ用シャフトをつなぎ駆動を伝えるシャフト)がありません。

力の伝達効率がいいが、トルクが直接分散されるので低め。

この両軸モーターを使えるシャーシが2種類あり、1つがこのMSシャーシです。

フロント、センター、リアの3分割構成になっていて、剛性が高く精度も高い。

また、改造のしやすさもトップクラスで、シャーシ内にスプリングを仕込みサスペンションのような仕組みも作りやすいです。

オプションパーツも多数あり、もっとも人気のあるシャーシの1つと言えます。

 

・ハイパーダッシュ

ハイパーダッシュモーターのこと。

トルク、回転数ともに高く、バランスのいい高速モーター。

使用率ももっとも高いのでは?

ーーーーーーーーーー

バンカラ部長とご対面!恋の予感!?ありませんよそんなものは!!

次回第3話「ミニ四駆部、入部します」をお楽しみにね

 

ではでは。