四輪駆動のエンプレス

ミニ四駆を題材にしたラノベを書いていきます。

第1話:封印は、解かれた

ーーーーーーーーーー
白を基調にしたカラフルなレール、曲がりくねった溝。

そしてその中を駆け巡る小さなレーシングカー……
ーーーーーーーーーー

ミニ四駆をご存知だろうか?
手の平サイズの「レーシングカー」である。
売上げ総台数1億台以上、世界一売れている車模型でもある。

80年台に1次ブーム、90年台に2次ブーム。
そして、そのころ子供だった世代が大人になり、子供を持ち。
親子で楽しめるホビーということで、そんな世代を中心に現在、第3次ブームが巻き起こっている。

長い間、人を惹きつけてきた魅力は、なんと言ってもチューニングの奥深さ。
「世界最小のモータースポーツ」
と言われるほど、本格的なセッティングが可能となっている。
値段も手頃で、大人から子供まで楽しめる、そんな小さな車に皆が魅了されているのだ。

ーーーーーーーーーー

TVスクリーンに映し出されていたのはミニ四駆のコース。
ミニ四駆の日本一を決める舞台「ミニ四駆ジャパンカップ」の特番が放送されていた。

 

「あの後ろ姿…間違いない、お兄さんだ!!お母さん、お兄さんを見つけたよ!!」

 

寝室の母親に駆け寄り、興奮気味に話し出す。
ポニーテールに幼さの残る顔立ち。
少し背は低いが、元気で活発そうな女の子。
町田宮高校、1年生 「皇(すめらぎ) みかど」。


「どこで見つけたんだい?」
「うん、さっきテレビでミニ四駆の大会が放送されてて、その会場にいたんだよ!まーちがいなーい♪」
「まだあの子はミニ四駆なんておもちゃで遊んでいたのね…それでも生きていてくれて…よかった…」
「お母さん…」

 

皇家は小さな町工場を営んでいたが、リーマンショックの煽りで立ち行かなくなり倒産、父親の死と立て続けに不幸が続いた。
みかどの兄、すばるは父の葬儀後に置き手紙を残し失踪、行方不明になっていた。
だが昨年、みかどが中学の卒業を控えていたころ、預金通帳が手紙と共に届いた。


「母さん、みかど。
心配かけてすまない。
当座をこの金で過ごしてくれ。
僕は大丈夫だから。      すばる」


通帳には5000万円の預金が残されていた。

 

「あんなお金だけもらっても…あの子がいないんじゃ…」
「お母さん…大丈夫!あたしがお兄さんを探し出すから!心配しないで!!」
「探すって…興信所に頼んでも見つからなかったのに、どうやって。」
「お兄さんはミニ四駆の大会に出てたの。つまりミニ四駆をやっていれば会える可能性が高いと思うの。」

「でもあれは男の子のおもちゃ…」
「大丈夫♪あたし手先は器用だし、工場の道具やお兄さんが残していったミニ四駆もあるし。」
「お前は学校もあるんだし、無理せず楽しく暮らしていればいいのよ。」
「うん、ありがとうお母さん。」

 

兄の部屋の押入れからポータブルピットを探し出す。


「あった…これだと思うんだけど…」


灰色の蓋が付いた2段重ねのキャリーボックス。
下段には工具らしきもの、そして上段には。


「これが、ミニ四駆…意外と大きい…?」

f:id:poke4wd:20161203024021j:image

ミニカーと比べていたので、少し大きさに戸惑う。
白く輝くボディに赤いライン。
丸みを帯びたそのボディには「DASH」の文字が。


「意外とかわいい…なんかまるっこい♪たしか近所のリサイクルショップみたいなところで大きなコースがあったはず。明日行ってみて走らせてこよう。上手くできるようになれば…お兄さんに会えるかな…」

 

ーーーーーーーーーー
あとがき:
ミニ四駆を知らない方にも知っていただくためにどうしたらいいか?
…わかりやすい解説が物語になってればよくね?

ということでラノベ企画始めます!
タイトルは「四輪駆動のエンプレス」です。

とりあえず出だしから話が暗いですがw
みかどちゃんの応援、よろしくお願いいたします。

毎回、最後に解説を入れて用語などの説明を入れて行く予定ですので、啓発的なものになっていければいいなぁ。

では解説、行ってみます♪
ーーーーーーーーーー
解説:
・ミニ四駆ジャパンカップ
ミニ四駆の全国大会だと思っていただけるとわかりやすいです。
各地方にて予選が行われ、最後に東京でチャンピオンを決めます。

 

・ポータブルピット
ミニ四駆や工具を持ち運ぶためのケースです。
タミヤオフィシャルからも何種類か出てますが、今回のはこれです。
http://www.tamiya.com/japan/products/15424portable_pit/
2段重で縦長なのですが、なかなかコンパクトです。
1段だけ取り外しての運用もできます。
ーーーーーーーーーー
兄が残したマシンの性能は!?
次回第2話「熱い男、バンカラ」、おたのしみにね♪

 

ではでは。